メインイメージ画像

なぜ個人差が出るのか

約6割の日本の男性が仮性包茎だといわれています。つまりは、3人の内2人は、仮性包茎であるといえるからです。現在の時点で、仮性包茎へと至る明確な原因は解明されていません。それは、男児はみんな仮性包茎の状態で生まれる為です。それなのに、どうして個人差が生じるのでしょうか。そこには、自慰行為の仕方により、本来は仮性包茎にならなかったのに自ら仮性包茎になるような自慰行為をしているというのがあります。

そのために、そういった自慰行為をしなければ仮性包茎にはならずに済むと言うこともできます。仮性包茎は、簡潔に説明すると皮が余っている状況です。ですから自慰行為の際は皮を伸ばすようなやり方では、仮性包茎になりやすくなります。

包茎と言えば男性が持っている悩みでも多くの人が持っている悩みです。日本の中の男性の7割が包茎という数字があります。改善できる方法や治療法を求めるという人が後を絶たないというのが現状です。

包茎でありますと自尊心が傷ついてしまうと考えている人もいますし、症状によっては、体に悪影響を及ぼします。そもそもですが、小さい頃の亀頭と包皮は必ず合着していまして、それが成長していくとともにペニスの根元に引っ張られるようしてめくれあがります。そして亀頭が出てくるようになります。しかしながら、過度のマスターベーションや間違ったマスターベーションなどが原因で、包皮が本当ですとめくりあがるところ、そこの度合いが、小さくなってしまうのです。これが包茎であります。